トップメッセージ

“Face to faceの感動体験を支援する”ため、MICEプラットフォームは事業を展開していきます。


昨今、企業はFace to faceのビジネスコミュニケーション(私たちはこれをMICE※と定義しています)を増やしています。新規顧客の開拓やパートナー獲得のためのセミナー・イベント、既存顧客との関係性を強化する懇親会、成績優秀社員の労を労う報酬旅行や表彰式、社員の団結力を高めるキックオフや社員大会、社員のスキルアップを図る研修や合宿、優秀な社員を獲得する通年での採用活動等、これらはほんの一例ですが、MICEは多くのビジネスシーンで活用されています。

一方、こういったビジネスコミュニケーション(MICE)を開催しようとした場合、担当者は、会場検索から始まり相見積り、仮押さえ、比較表作成、そして会場予約。会場予約後は、各種手配、運営準備などをこなす必要があります。これらの業務は今、電話やメールといったアナログで行っているため煩雑化しています。すごく時間がかかり、ミスも発生しています。MICEを開催する際、担当者は、企画立案やさらなるブラッシュアップにもっと時間を割くべきですが、これらの煩雑な業務に時間を取られているのが現状です。長時間労働の是正が社会問題となる中、こういった業務は効率化すべきです。

私たちは、この煩雑な業務の効率化を徹底的に支援していきます。
MICE,一つひとつの開催の手間暇を激減させることで、MICEの開催数はもっともっと増えていくと確信しています。
では、どうやって効率化するか?

私たちは、テクノロジーを活用します。
私たちはソフトバンクのグループ企業であり、ソフトバンクのグループ企業にはAI、IoT、スマートロボット等を活用するさまざまなテクノロジー企業があります。こういった企業と連携し、MICE業界に効果的なテクノロジーを導入していきます。他の業界を見渡しても、テクノロジーによって市場が拡大した業界は数多くあります。MICE業界は、他業界に比べて、残念ながらIT化が遅れています。

そこで、私たちが先頭を走りMICE業界をひっぱっていきます。
ただし、私たちだけで実現するのではなく、多くの企業、官公庁、自治体、団体、学校等とコラボレーションしながら進めていきます。

多くのビジネスパーソンが集うMICEは、そこから新たなビジネスやイノベーション、コラボ、団結が生まれます。この感動体験を多くの企業が実現できるよう、MICEプラットフォームはサポートしていきます。
これからの私たちに、ぜひ、ご期待ください。

 MICEプラットフォーム
代表取締役社長 兼 CEO
永田 誠


※MICEは、Meeting、Incentive、Conference、Event/Exhibitionの頭文字を取ったFace to faceのビジネスコミュニケーションの総称です。